<   2005年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

BOSS狩りかPKか

とある事情でBlogを掛け持ちすることになりまして、exciteの更新が非常に滞ってしまいました。シリウス4周年イベントの感想はまた後日にでもUPするとして、近況をさっと書いてみたいと思います。

最近まともに狩りをしていません。PKかBOSS狩りかという感じでしょうか。つい10分前もバフォが出現したということで行ってきまして、Dropもそこそこ美味かったです。あとはMLを巡回したり、ドレイクを巡回したり、という感じでしょうか。最近帰りが午後8時くらいなので、どうしても接続時間が限られてしまうため、expもそんなに言うほど伸びていません。が、先日のクレジットカード絡みの課金トラブルで補償がきたため、何もしなくてもexpが数%上がってラッキーでした。年度内lv55は絶対に達成したいので、とりあえず地道にではありますががんばっていきたいです。予定では秋頃にLv54を達成したいなと。

掛け持ちしている方のBlogでは、また別HNで書いています。これは基本的に第三者が覗けないようにシャットアウトしてるんで、ご覧になりたい方がいましたらその旨を私まで伝えていただければ嬉しく思います。こっちではゲーム絡みが多いですけど、向こうではリアル絡みがほとんどなので、また違った感じで楽しんでいただけるはず。とにかく詳細は、私までwis/メール/メッセなどで問い合わせてください。大抵の人には返答すると思いますので、よろしく(笑)。
[PR]
by toranoo0812 | 2005-06-29 00:00 | ネットゲーム

シリウス4周年イベントを振り返る

ということで、あっという間の1週間でした。今回のシリウス4周年イベントは、以下のような内容になっていました。

(1) Lv52までの変身は無条件で解除(変身するためのアイテムは必要)。
(2) Lv55+の変身は、自分が今までできた変身より1段階上まで解除される。例えばLv52~54の場合はLv55変身が解除され、Lv55~59の場合はLv60変身が解除され、Lv60~64の場合はLv65変身が解除される。
(3) シリウス4周年記念ケーキの期間限定実装。効果は1個消費するごとにMPが10前後回復する。来週のメンテまで有効で、ディレイは約1秒。

こんな感じです。(1)については去年も同じような感じでしたので特に何も感じませんでした。(2)は今年が初めてですが、これは結構良かったんじゃないかと思います。更なるlvUPを目指してモチベーションも高まりましたし。(3)もかなり良かったんじゃないでしょうか。今までMPそのものを瞬時に回復させるようなアイテムがなかったので、こういう類のアイテムは非常に画期的であったでしょう。今年のイベントは(1)~(3)まで、かなり内容としても良かったと思います。戦争もそこそこ盛り上がりましたし、FPKも実力差が狭まるという意味でかなり熱めの争いが各地で繰り広げられたと聞いています。

私もLv55変身を使ってみて、不便な点もあるんですけど逆にそこに惹かれたといいますか、モチベーションが上がったのを感じます。ダークナイトは振りが速い分魔法の詠唱が遅いという弱点があるのですが、FPKはともかく狩りはこれくらい不便でも逆にいいんじゃないか、とも思います。どの道KRではwizの魔法の下方修正+ディレイ増加という憂い目に遭っているところですから、そういう弱体化も鑑みて今不便さに慣れておくというのは、将来を考えるに際し結構いいんじゃないかと考えました。
[PR]
by toranoo0812 | 2005-06-28 00:00 | ネットゲーム

10分2k

10分2kというのは、私がロウフル戻しをしている時に上がっていくアライメントの数値のことです。昨日KingBreakのlv55+wizさんと火山で出くわしまして、さっと斬りかかってさっと殺すことができました。勝因は間違いなく相手のwizさんが動き悪かったからでしょう。キャンセル決められるとかなり危なくなるのですが、DKmorphができる上相手がSKnightmorphでGHの速度も遅いため、GHするモーションで手一杯だったようです。たかだかLv46のDEでLv55+の方をPKすることができるのですから、Lineageもまだまだ捨てたものじゃないということでしょうか。もっとも、イベント期間だからこそというのもあるかもしれないですが。

とりあえず、さっと漂白→+500まで戻して戦争に行ってみました。戦争はOdinが公募攻めをするとかどうとかで盛り上がっていました。DEでは出ることができないので久々にwizで戦争に行きましたが、まあそこそこ動けたんじゃないかと思います。私はどちらかというと後衛より前衛が得意なので、臆病に行動してましたが、死ぬわけにもいかないんで仕方ないかなあと割り切り気味です。戦争が終了してからはDEロウフルMAXを目指し狩りをして、最近消耗の激しい青PとGEMを補充して就寝、といったところでしょうか。そこそこ補充できたので、もうしばらくは困りそうにありません。

イベント中wizでlv55変身を使ってみて、DKのような万能性はないにせよ、不便だけど使えるmorphというのはなかなか面白いなと感じました。どの道wizはGHディレイやらなんやらで弱体化が確定しているので、DaKnightのようなmorphも将来選択肢としてはアリかなと思っています。ただし、来年3月までしかリネをまともにプレイできないので、せめてその時までに55を達成したいなと。今のペースだったらかなり余裕で達成できるのですが、果たしてどうなるやら。
[PR]
by toranoo0812 | 2005-06-23 00:00 | ネットゲーム

小児科医療の実態

救急診療病院の4割は小児科医師1~2人

休日や夜間の時間外診療(救急診療)を行う病院小児科のうち、4割の病院で小児科医が1~2人しかいないことが、日本小児科学会の全国調査で分かった。時間外診療を実施しているのは、病院小児科全体の7割。多くの小児科医が不十分な体制のなか、超過労働を強いられている実態が浮き彫りになった。同学会は「医師の過労は医療事故にもつながりかねない」として、地域ごとに小児時間外診療を実施するセンターを整備するよう訴えている。

1カ月の超過労働時間は、時間外診療をしている医師の平均が約87時間に達し、していない医師の平均約58時間を大きく上回った。小児科数に対し、医師が不足しているのが影響しているといい、超過労働を解消するには、約2000人の増員が必要という。同学会理事の藤村正哲・大阪府立母子保健総合医療センター病院長は「医師も、パイロットなどと同様に理性的な判断を要求されるため疲労は禁物。良質の時間外診療を続けるには最低7人の医師が必要だ」と指摘。同学会は、地域ごとに24時間体制で診療する「地域小児科センター」設置を核とする改革案を提案している。

参考リンク:小児科の危機
[PR]
by toranoo0812 | 2005-06-22 00:00 | 小さなニュース

勝ちの日と負けの日

勝ちの日と負けの日

NHKのテレビ番組「おかあさんといっしょ」の体操のお兄さんとして、佐藤弘道さん(36)がかかわった3歳児の数はおよそ15万人。出演開始の93年から12年間の定点観測の結果、「『子供が危ない』と言うけど、僕の出会った3歳児は昔も今も変わっていない」と力説する。では変わってしまったのは誰?

93年から今年春まで続いた「おかあさんといっしょ」のきっかけは番組オーディションだった。以前は中高年のスポーツ指導員だったから、カルチャーショックは大きかった。「おもらしは日常茶飯事。けんかや転倒、急に泣き出す子もいた」。子供をもっと知らなくては、と収録のない休日には子供の体操教室に通った。「スタジオで親と離れるのは、どんな3歳児でも不安です。不安を取り除くのが僕らの仕事。だから子供が全員参加できた日は僕らの『勝ち』。一人でも参加できなかった日は『負け』」。毎日の「勝負」を繰り返すうち、段々と「勝ち」が増えていった。

ところが10年目を迎えたころだろうか。「負け」の日が急に目立ち始めた。「全員が参加してくれる『勝ち』の日がほとんど消えた」。参加できない子の数も増えていった。なぜだろう、と佐藤さんは考えた。子供は変わっていないように見える。では、変わったのは誰?答えは「お母さん」だ。いつもより濃い化粧でおしゃれした母親に連れられ、NHKのスタジオにやってきた子供たちは新しい場所より、普段と違う母親の気迫の方に緊張する。少しでも娘をかわいく見せたくて、母親が髪をお団子に結ったせいで、髪留めが痛いと泣いた子がいた。熱があるのにスタジオに連れてこられ、熱性けいれんを起こした子もいた。母親から離れようとしない子供をスタジオの隅でたたいた母親もいた。そんな母親が少しずつ増えていった。

24歳で「体操のお兄さん」と呼ばれてはや12年。今は体操教室の指導やテレビ出演で大忙し。7月から筋肉ミュージカルの夏公演も始まる。今や「お兄さん」より「お父さん」の年齢で、4歳と8歳の息子を持つ父親でもある。それでもやっぱり「お兄さん」と呼ばれることが多い。「自分も親になって、お母さんたちのつらさも分かるようになりました。お母さんが『変わった』のはお母さんだけのせいじゃない。お父さんはお母さんを支えているだろうか。お母さんは独りぼっちで子育てをしてないだろうか」佐藤さんの原風景は、地域の人々や祖父母らがいろいろな経験をさせてくれたアパート暮らしだ。自分の父母が近所の子供に分け隔てなくご飯を食べさせてやるのも見て育った。「だから僕は、親だけで子育てをしないほうがいいと思う。学校には学校、地域には地域、家庭には家庭にしかできないことがある。大人はもっともっと子供のために頑張らなきゃ」
[PR]
by toranoo0812 | 2005-06-21 00:00 | 小さなニュース

空梅雨の前兆

早明浦ダム 貯水率50.7%に低下

吉野川上流の早明浦ダム(高知県)の貯水率が50.7%まで低下し、国土交通省四国地方整備局や四国四県などでつくる吉野川水系水利用連絡協議会は20日、徳島、香川両用水の第2次取水制限を22日午前9時から行うことを決めた。同ダムの運用を始めた1975(昭和50)年以降、6月に第二次制限をしたことはなく、過去最速となる。

徳島用水への供給量は、第一次制限をさらに1.8ポイント削減し、15.9%カットの毎秒47.1立方メートル、香川用水は35.0%カットの5.49立方メートルとなる。徳島県渇水対策本部によると、第2次制限になっても上水道など家庭生活に大きな影響はないという。
[PR]
by toranoo0812 | 2005-06-20 00:00 | 日常生活

渇水注意報

どうも全国的に渇水に見舞われているようですね。昨年はあほほど日本に台風が上陸してきて水不足とは全く無縁だったのですが、今年はその真反対をいく路線ですか・・・。異常気象とはまさにこのことで、日単位で実感するのに加え、年単位でも更に実感してしまいます。

九州の北部では有効貯水率が0%になっているダムもあるそうです。毎度おなじみ四国の渇水もかなり深刻なことになってきそうですし、琵琶湖の水位も例年に比べて段違いに低いそうです。そもそも太平洋高気圧がかなり南からせり出してきているがために、梅雨前線が下へ降りてきてくれないというのが致命傷なのでしょうが、このままだと本当に雨が降らずに梅雨明けしてしまいそうな雰囲気です。渇水になると断水という恐ろしい事態が待っているので、今からビクビクしています。早く雨が降らないかなと。。。
[PR]
by toranoo0812 | 2005-06-19 00:00 | 日常生活

問:写真を見て私が何をしたか考えよ

d0017668_0152617.jpg

[PR]
by toranoo0812 | 2005-06-18 00:00 | ネットゲーム

モールス信号を覚える会

モールス信号を覚えるコツ

就職先が無線を扱う会社ということもあり、アマチュア無線の資格を取っておけとの人事部長からのお言葉もあり、アマチュア無線の資格試験に挑むことと相成りました。4級か3級か迷っているんですが、4級なんぞガキでも受かるじゃねえかってことで、3級から入ってみようかと思っています。3級はモールス信号(これは今年10月から3級の場合免除になります)に法規に無線工学の3科目になるのですが、モールス信号がとにかく厄介だということを聞くのでWebで良いHPを探していましたところ、素晴らしいHPに出会うことができました。

私もこのHPを見つけて以来暗唱して覚えているのですが、8割くらいまでは解読できるようになりました。これもひとえにこのHPのおかげでしょう。受かった時には是非合格しましたというメールを送って感謝の意を述べたいところです。
[PR]
by toranoo0812 | 2005-06-17 00:00 | 日常生活

外野が言うのはアレですが

あいちゃん HtoH便箋覚書

ゲーム内の知人から「喧嘩売られた」と聞きまして、上記リンク先に書かれていた経緯を読んでみたのですが、まあ結構面白い内容だと思います。いやこれはあくまでも個人的な感想であって、実際粘着嫌がらせに巻き込まれた方にしてみれば悲惨この上ないと思いますが。IIworld001さんとはギラン井戸で少し面識があります(中華のような名前だと思いまして、確認のためwisを送っただけです)が、4月からこんな話があったとは思いませんでした。4~5時間相手に粘着したという内容も見ましたが、その労力を私にぶつけてくれれば多分面白い展開になるんじゃないかなと。

ZeroMemory クランHP

私が気になるのはここです。私も事情は伝聞でしか聞いてないのでアレなんですが、なかなか難しい問題のようで。この件以外にも同じような感じの騒動が(他のGang系クランで)あったようなのですが、どうも最近流行りなのでしょうか。JuneBrideの季節だから・・・?(そういえば越谷さん元気にしてんのかな)なんて思っていますが、いずれにせよネットとリアルは別空間なんで、相互で意思疎通を図ったとしても穴はどうしても出てきますよね。割り切るか、粘るか、がまたこれ難しいんでしょうけど。
[PR]
by toranoo0812 | 2005-06-16 00:00 | ネットゲーム