2005年 05月 03日 ( 1 )

GWの休日数と年収との相関関係

GW、収入高いと休みが多い

 電通が、今年のゴールデンウイークの休日取得数と年収との関係をインターネットで調査したところ、1千万円以上の収入のある世帯の方が、400万円未満の世帯より、平均休日数が1日多いことがわかった。 首都圏に住む20~64歳の男女が対象で、回答者は630人。400万円未満世帯は5・9日、600万円以上800万円未満は6・3日、800万円以上1千万円未満は6・5日、1千万円以上は6・9日と、年収が増えるにつれて平均休日数も増えた。全体平均は6・4日だった。

 過ごし方では、600万円未満層は「家にいる」、600万円以上層では「買い物」がそれぞれ最多だった。GW中に使う予算は平均で5万5425円という。 電通消費者研究センターの四元正弘部長は「パートやアルバイト勤務の多い層は暦どおりに休日がとりにくいのではないか」とみる。
[PR]
by toranoo0812 | 2005-05-03 00:00 | 小さなニュース