2005年 04月 26日 ( 1 )

歴代4位の首相が残した実績とは

小泉首相26日で就任4年 戦後歴代4位

小泉純一郎首相は26日で就任から丸4年を迎える。2001年4月26日の政権発足から在職日数は1462日。このまま行けば今年8月18日に池田内閣の1575日を抜いて戦後歴代4位、来年4月6日には中曽根内閣の1806日を超え、佐藤、吉田両内閣に次いで歴代3位の長期政権となる。小泉政権は内政で「聖域なき構造改革」を掲げ、道路公団民営化や国・地方財政の三位一体改革など過去の政権が手を付けなかった課題を取り上げ世論の関心と支持を集めてきたが、改革の実効性や社会的な格差の拡大に疑問や批判の声も根強い。
[PR]
by toranoo0812 | 2005-04-26 00:00 | 小さなニュース