金の切れ目が縁の切れ目?

暴言ローズを罰金処分へ

巨人は27日、前日のヤクルト4回戦(ヤフードーム)後に報道陣の前で公然とチームを批判したローズ外野手に対し、罰金処分を科すと発表した。理由は「コーチの指導に対する身体的接触を含む反発行為」で、金額は過去の処分と照らし合わせて一両日中に決定する。 ローズは26日の試合後、弘田澄男外野守備走塁コーチに左翼の守備を緩慢だと指摘されて激高、もみ合いになった。その後、報道陣に「ジャイアンツへたくそ、大嫌い」などと暴言を吐いた。 ローズは一夜明けたこの日、通訳を通じ「昨日言ったことは全部自分の間違い。チームも自分もあまり調子よくない中でフラストレーションがたまっていた。申し訳ない」とコメント。ヤクルト戦前にコーチ陣、選手らに謝罪した。
[PR]
by toranoo0812 | 2005-04-28 00:00 | 小さなニュース
<< みどりの日ダイジェスト 歴代4位の首相が残した実績とは >>